• rugsrang

イランで絨毯を買うには

更新日:2020年9月19日

 


「イランに旅行したら、本場で絨毯を買ってみたい。」とイランに観光旅行に行こうと思っている人であれば、誰しもが思うことでしょう。中東のバーザールでの買い物は、旅行好きの人々にとって、本当にわくわくするものです。

 しかしながらそのHow to をネットで探しても、ほとんど見つからないか、もしくは絨毯屋の書いた否定的な記事ばかりです。確かに全く手織り絨毯を見た経験が無い方なら難しいですが、このブログを読んでくださるような絨毯好きな方であれば、決して無理なことではないと思います。本記事では、一旅行者がいかにしてイランで絨毯を選び、決済し、持ってくるか、実際の経験を踏まえて書きたいと思います。


1.イランから個人で絨毯を持ち帰ることができるのか

 イラン税関によると、手織り絨毯は20平米まで無許可で持ち出しが可能です。枚数には制限はありません。歴史的価値のある特別な絨毯は不可。イラク・サウジ・シリアへの持ち出しは不可。とのことです。

 この20平米という量は、飛行機の手荷物で運べるサイズと重量を大幅に超えていますので全く問題はありません。例えば、ウールの薄い絨毯であれば平米あたり3kgが目安です。ただし、重いヴィレッジラグやギャッベなどはその倍以上にもなります。

 80リットル位のスーツケースに畳んで入るサイズは、その他の旅の荷物が半分を占めるとすると、薄いものであっても3~3.5平米が限界でしょう。これらをスーツーケースに詰めると、だいたい25kg位になります。エコノミークラスでもぎりぎり文句を言われずに預けてもらえると思います。

 歴史的価値のあるような博物館の展示品のような絨毯は、一旅行者には売ってもらえないので問題ないです。そもそも絨毯屋から「博物館級だよ」なんて言われたら、眉唾です。イラク・サウジ・シリアも、普通の日本人は行くことはないでしょう。