• rugsrang

猫と絨毯



猫と絨毯

 日本で犬や猫を飼っていらっしゃる世帯は、2017年のデータで犬で約13%、猫で約10%だそうです。ペットを飼育しているため絨毯を敷くことをあきらめている方も多いかもしれません。

 実は私はリビングで猫を飼っているのですが、絨毯を敷いています(もちろん商品の絨毯は別室で管理しておりますのでご安心を)。ということで、猫を飼うことと絨毯を敷くことについて実際の所を今回の記事では書いてみようと思います。


・抜け毛

 猫のいる部屋に絨毯を敷くとなんだか不衛生なイメージですが、逆に敷いたほうが快適です。フローリングだけですといつも部屋の隅に抜け毛が落ちていて、さらに猫の毛はとても細く軽いのでわずかな空気の動きでそれが空中に舞ってしまいます。なんだか常に鼻のあたりに猫の毛を感じてすごく不快です。それが絨毯を敷くことで、ほぼ無くなります。抜け毛をウールが絡めとってくれるんですね。

 リビングに9㎡の絨毯を敷いているのですが、大体3日位で絨毯の表面がうっすらと抜け毛で白くなってきます。そこで掃除機の出番。ちゃんと取れるので大丈夫です。

・爪とぎ

 執拗に同じところでバリバリやられるとまずいですが、うちの場合はまれにパイルが一本飛び出ていることがある位です。あまり絨毯でやらないのは、段ボールの爪とぎと革のソファー(泣)がお気に入りだから。部屋に複数個専用の爪とぎを置くと絨毯へのダメージを減らせると思います。

・排泄物

 猫は基本的にトイレは決められた場所でしてくれるので問題ありません。ですが一度おしっこをしてしまったことがあり、病院で診てもらったら膀胱炎にかかっていました。猫がトイレ以外の場所で排泄するようになった場合は、泌尿器系トラブルの可能性が高いそうです。

・嘔吐