• rugsrang

ペルシア語のすゝめ



イラン国旗

 イランとイラクって紛らわしいですよね。このブログを読んでくださる方が間違えることはないでしょうけれど、地理的に隣国同士ですし世間一般では区別がつかない方も多いと思います。それでもって「イラクはアラブ人でイランはペルシャ人」という風に違いを説明するわけですが、そもそも何でこのふたつの国名が紛らわしいのでしょう。

 まずはWIKIでそれぞれの国を調べてみます。歴史だの政治だのの本文ではなく、モバイル版だと『文A』の様なアイコンが左上にありまして、これをタッチすると各国語でのリンク一覧が出てきます。この機能、辞書に載ってないような地名や専門用語などを調べるのに非常に重宝します。

 これを見ると、イラクについては『IRAQ』か『IRAK』と表記する言語のふたつにおおよそ分かれています。主だった所だと英語やイタリア語では『IRAQ』ドイツ・フランス・スペイン・ロシア語では『IRAK』表記です。イランについてはほとんどの言語が『IRAN』の表記です。いずれにしても1文字違い。ローマ字・キリル文字を使う人々にとっては日本人と同様、イランとイラクは紛らわしいことでしょう。

 それでは次に当のイラン人は自国をどう書くのでしょう。イランはペルシア語、イラクはアラビア語ですが、使う文字はどちらも右から左に読むアラビア文字です。ペルシア語の場合はアラビア文字に数文字を追加したものを使用します。

イランは ایران イーラーンと読みます。

イラクは عراق エラーグ(「エ」と「グ」は喉の奥から出す音)。

 「イーラーン」と「エラーグ」ですので両者は似ていません。文字もرا「ラー(ra)」の部分を除いて異なります。ですのでイラン人にとって(そして多分アラブ人にとっても)イランとイラクが紛らわしい、というのは理解できないことだと思います。

 なぜ日本語で「イーラーン」や「エラーグ」ではないのか。それはカタカナで書く外来語のほとんどが西洋言語からのもので、日本人にとって馴染みの少ない地域の言葉はほぼ英語からのある意味“孫訳”になるからでしょう。

 ペルシア語の長母音「アー」とか「イー」とか「ウー」は長母音専用の文字があるので区別が容易ですが(逆に短母音は例外を除いて表記されない)、英語表記だと短母音「ア」も長母音「アー」もどちらも「a」という表記をするので、実際に元々の言葉でどう読むのかは文字を見ただけでは分からなくなってしまいます。

 さらに日本の新聞・テレビ等でイラン関係の固有名詞を表記する際、とかくこの長母音を記載しない傾向が強いのです。ペルシア語は長母音を使う頻度が非常に高い言語であるにもかかわらず、カタカナペルシア語では長音符「ー」を省いてしまうので、ペルシア語特有の柔らかな語感が全く伝わってきません。

 新聞・テレビでは英語の元記事から日本語に翻訳するでしょうから、ペルシア語の固有名詞の読み方が英語を介したことで、別物になってしまうのはやむを得ないことかもしれません。

 しかしペルシア語をかじった後では「イラン」「テヘラン」位なら、すでに日本語になっているレベルなので気にならないとしても、「シラーズ」あたりからちょっと違和感を覚え始め、「ハメネイ師」とか「ロウハニ大統領」とか「ライシ大統領選候補」など、事が人名に及んでくると、どうにも気持ち悪くてしょうがありません。それぞれをなるべくペルシア語に忠実に表記すると「シshーラrーズ」「ハーメネイー」「ロrウハーニー」「ラrイースィー」です。ちなみに同じペルシア語の国、アフガニスタンの首都「カブール」はせっかく「ー」がついているのにもかかわらず、完全に誤まりで「カーブル」が正しいです。本来は「アフガニスタン」も「アフガーネスターン」なんですけれど。

 「グルジア」を「ジョージア」に修正させた在日ジョージア大使館に倣うわけではないですが、イラン大使館にも頑張ってほしいものです。