• rugsrang

南ホラーサーン州南部ネフバンダーンの絨毯とテントづくり



ネフバンダーン 絨毯織

 イラン東部の南ホラーサーン州の最南端のネフバンダーン郡の中心都市、ネフバンダーンへ訪れました。ビールジャンドとスィースターン・バローチェスターンの州都ザーヘダーンの間にある街です。


ネフバンダーン 地図

 案内してくれたネフバンダーンの観光局長によれば、“ネ”とは昔の言葉で “街” や “人の住む所” を意味していたそうです。“バンダーン” のほうは “バンド・紐” から “結び付けられた” とか “繋がった” という意味で、この辺りの人の住むところがまとまって “ネフバンダーン” と名づけられたそうです。これは有名な歴史的都市のネイシャーブール(ニシャプール)も同じで、“ネ(街)” + “シャープール(ササン朝の皇帝)” つまりシャープール1世によって造られた街であるとのこと。

 話変わって、世界で一番暑い場所は、アメリカのデスバレーだとかエチオピアにあるとか諸説ありますが、実はネフバンダーン郡のルート砂漠もそのひとつです。ここはNASAの衛星から観測した地点としての世界最高気温71℃(!)の記録を持っています。世界中どこでも温度計が設置しているわけではないので、衛星からの計測というのはかなり「本当の世界一」に近いのではないでしょうか。