• rugsrang

現在のビージャールの絨毯づくり



ビージャール

 コルデスターン州北部のビージャールは人口およそ57,000人、クルド人が主に暮らす街です。絨毯界ではビジャーと呼ばれています。英語表記するとBijar ないしBidjarですが、「i」と「a」は長母音、「r」はペルシア語では巻き舌でハッキリと発声するので、ビジャーではなくビージャールです。ちなみにグーグルマップ上の日本語表記もビージャールとなっています。グーグルマップはまれに全然違う読み方になっていることもありますが、大体のイランの都市名は日本語でも違和感のない表記になっています。

 古くからクルド人の女性たちによって織られるビージャールの絨毯は丈夫なことで有名です。この地の産業としての絨毯づくりは19世紀のガージャール朝期に開花しました。この時代、イランの絨毯のデザインは輸出先である西欧の嗜好にあわせたデザインに変化していきます。西洋風の花々で飾られる現代のビージャールの絨毯のデザインは、ガージャール朝の時代から西洋の影響を受けながら形成されてきたデザインであるといえるでしょう。もちろんこれはビージャールに限らず、他産地も同じことであり、現代の分かりやすい事例としてはモダンインテリアに似合うようにデザインされたギャッベが挙げられると思います。

 ビージャールの街中には現在も中規模の工房がふたつあり、女性たちによって絨毯が織られています。